FC2ブログ

KOYUKI SHRIMP

和歌山でレッドビーシュリンプ、ブラックビーシュリンプを育てています! 楽しくをモットーに飼育・繁殖頑張ります(^^)

60x30x45水槽の立ち上げ!

今回は水槽の立ち上げの過程を書いてみたいと思います。

特に変わった事もしていないし、変わった物を使ったりもしていないので

全然面白くないかもしれませんが。。。。。(笑)


とにかく書いてみます‼︎



まずは水槽を綺麗に洗います。


次に底面フィルターを設置します。我が家では60cm水槽では煙突二本仕様です!


そしてソイルは定番のアマゾニア!

そこに「竹」を挟んで行きます!

モチロン袋から出しますよ(笑)




2015051815014379e.jpg



アマゾニアを少しひいて「竹」をフリフリ。


また少しアマゾニアをひいて「竹」をフリフリ。。


これを繰り返して行きます!

ソイルの間に挟むのは今回は「竹」のみです。

色々挟むとよく分からなくなるのでなるべくシンプルに立ち上げます。





20150518150141005.jpg




「竹」一袋と、「アマゾニア 9L」を全て使いきります。

ソイルの暑さは写真の通りで厚敷き仕様です。

これを2〜3ヶ月位かけて立ち上げて行きます!





20150518150144fe3.jpg






次に浄水器を通した水を入れて行きます。。。

私の使っている浄水器はコレっ。

RO水も気になっているのですが、、、、今の所はカルキを抜いた水道水です。

設置場所の関係上cottonとcarbonのシールとフィルターが逆になっております。










201505181501450ac.jpg










そして最初はホースから直接霧状にしてソイルの上からかけて行きます。

今回はノーマルのみの仕様なのでそんなに影響はないのですが、

パウダーを使用する時はこの方法でソイルの浮き上がりが防止できます。





20150518150147e02.jpg





そしてひたすら霧で水を入れて行き、ソイルが浸かった時点で注水を止め

ソイル内のエアーを抜く為暫く放置します。






2015051815024511e.jpg



暫く放置したあとミロネクトンを一塊投入し、底面フィルターのパイプから

今度は溜め水水槽の水を入れて行きます。

ここから水を入れると濁り難いですね!


って、、、、、以前BloodLineさんのブログで紹介されていましたよねっ!

真似させて頂いております!



20150518150246f0e.jpg



そして水を入れている間に水槽の右上にマスキングテープを貼ります!

コレは今後蒸発したり、換水したりする時の水位の上限線です。

線を入れておくと減った水の量が分かりやすいので貼っています。




201505181502472bf.jpg



ある程度水が溜まったら底面フィルターのパイプから注水用のホースを抜いて普通に入れて行きます。

と、同時に底面フィルターのセット完了‼︎




201505181502494b8.jpg



水位の上限線まで水が入ったらエアーを底面フィルターを始動させ水を循環します。

この時点ではまだバクテリアは入れません。。。。



20150518150250d78.jpg




一日底面フィルターを回すとソイルにもよりますが下の写真のように濁ります。

別に濁りは悪いとは思っていませんが全換水します。

前に全換水しないで立ち上げたりもしてみましたが特に差はないような。。。。

現状は根拠もないまま、、、とりあえず全換水しています。。。。






20150518150330f6c.jpg




全換水後にオロチを取り付けてほぼ完成‼︎

オロチがない時はエアーストーンを入れます!

バクテリアは酸素がいっぱいあった方が活性が上がるはず。。。と思っていますので。。


そしてこの状態でまた1日放置します!




201505181503314fc.jpg



そして最後にコレっ‼︎ バクテリア投入‼︎

数日後にパイロットフィッシュを入れて約2ヶ月から3ヶ月かけて

今後は注水のみで立ち上げて行きます!

パイロットフィッシュには餌をいっぱい与えて大量に排泄して頂きます!











以上、私なりの立ち上げ!でしたっ‼︎


スポンサーサイト
未分類 | コメント:4 |
| ホーム |